市川市で家族葬を行うときの具体的な葬儀の流れの解説

市川市で故人の親類だけを集めた小規模の家族葬を行いたい。ただ喪主が今までにまったく葬儀に携わった経験がないので、どのような流れでお通夜や告別式を進行していいのかが分からない。そのようなケースに悩んでしまい結局葬儀社側が用意したテンプレートの段取りに従うしかなかったという喪主の方は非常に多いと言えます。事前に覚えておきたい市川市で家族葬を行うときの具体的な葬儀の流れとしては、まずはお通夜と告別式をどこで、どの日程で行うかといった葬儀社との打ち合わせから始まり、必要ならばお坊さんとお寿司屋さんなどの派遣のお願いを出し、集まった家族や親族で故人を弔い翌日火葬場に遺体を持っていくというのが一般的となっています。基本的には葬儀は二日で終わるものと捉えておいてください。

各種手配を葬儀社に代行してもらうことも可能です

市川市で家族葬を請け負っている業者への連絡を電話などで入れれば、早ければ数時間後には自宅を始めとした所定の場所まで担当者が打ち合わせに来てくれます。一般的な葬儀ではなく家族のみで執り行う葬儀を希望しているといった旨を伝えれば、小規模な葬儀場を確保してくれたり自宅で争議が完了するようセッティングしてくれたりするので、最初の段階での相談や打ち合わせが極めて重要なのだということを頭に入れておいてください。経を読んでもらうお坊さんや葬儀用の料理を提供してくれるお寿司屋さん、オードブルが注文できるお弁当屋さんなどの手配に関しては、葬儀社に代行してもらうことも可能です。どのお店の料理でもいいといった場合などには、大抵無料で代行してもらえますので手続きを任せてしまうといいでしょう。

一般的な葬儀に比べると堅苦しい挨拶などが必要ありません

多くの参列者を募る一般的な葬儀の場合、喪主が例文などを参考に遺族代表としてマイクの前で挨拶をすることが多くなっています。一方で家族葬の場合参列者が故人の家族や親族などに限定されているため気心が知れていることと、参列者の人数そのものが少ないということが影響して、喪主の挨拶は必須ではありますがあまり堅苦しくなくていいとされています。葬儀の場なので不謹慎な冗談などは述べてはいけませんが、型通りの言葉ではなく家族や親族にのみ通じるような話題を入れても構わないといったメリットがあります。お通夜、告別式を終えて四十九日が過ぎれば納骨となります。葬儀社側のアドバイスを参考にした上で故人の写真や趣味の品などを皆で見るといった多少のオリジナリティを入れても問題ないので、故人が喜びそうな葬儀にするよう努力してみてください。