市川市で家族葬を行うときにかかるおおまかな費用について

市川市は、首都東京にも隣接しており、江戸川の流れや東京湾を見通せる場所にあることから、そのような住みよい環境が評価され、いわゆるベッドタウンとして栄えてきた都市であるといえます。人口も多く、それだけに亡くなった人を弔う儀式である葬儀のしかたも多様であるといえます。たとえば、家族葬というのは、亡くなった人の家族、親族、そして親しかった友人知人の間柄にある、ごく少人数を招いて行う葬儀のことですが、新住民も多いこの市川市のようなところでは、一般の葬儀とくらべても、それほどの違和感もなく受け入れられているものといえます。このような場合、それぞれの葬儀社のサービスにも選択できるプランが豊富に用意されているほか、価格帯についてもある程度決まっているため、予算や内容に応じて選択することになります。

家族葬の相場とはどの程度なのか

市川市における家族葬については、その内容によって違いはあるものの、おおむね棺、納骨具、枕飾り、祭壇、仏具一式、遺影写真、装束、その他遺体搬出のための寝台車や遺体の清拭、会場準備などの、葬儀のために必要となる消耗品類やサービスの一式が含まれていると考えてもよいといます。こうした葬儀の価格的な相場ですが、だいたい50万円から100万円程度の範囲にはおさまるものといえます。これは一般的な価格帯ということであって、内容を充実させたり、あるいは内容を間引いたりすることで、上下することはいくらでもあり得ます。しかしながら、一般の葬儀であれば、こうした一式を含めると、だいたい100万円以上から200万円以上といった価格になってしまうことから、価格面でのメリットは大きいといえます。

プランにしたがった価格差がある

市川市において家族葬をする場合、それぞれの葬儀社では、複数のプランが用意されていることを忘れてはならないものです。基本的なプランそのもののほかにも、オプションとして、祭壇の造花を生花に変更すたり、遺影の写真を大きなものに差し替えるなどといった、喪主としての希望に応じたサービスがあり、これによって価格が変動することもあります。プランの分類方法や内容には統一的な基準があるわけではなく、葬儀社によってまちまちといえます。一般的なところでは、必要最低限の葬儀としては、直葬や火葬式があります。これは通夜、告別式という儀式的な要素を省略して、火葬だけにしたもので、おおむね20万円程度からというのがふつうです。一般の葬儀、告別式をともなうプランであれば、参列者の数による規模の違いによって、下は30万円程度からの格安プランもあります。