より良い家族葬を市川市で行うために大切なこと

葬儀の形は、以前であれば通夜、告別式、出棺、火葬、といったように決まった流れがあり、どのような場合でもそれに従わなければなりませんでした。しかしながら、現在では様々なスタイルでの葬儀を自由に選べるようになっていて、故人や遺族の意向や事情によって多様な中から決定できます。略式での葬儀も増えており、それぞれの事情と、故人を送り出すという気持ちの面の両方をしっかりとフォローできる様式が揃っています。国内の大都市部以外にも市川市をはじめとした日本全国で行われていて、業者によっても様々な特典や特徴を見ることができます。どのような場合にどの形式をとればよいのかということを、日頃から少しでも知っておくと、いざという時に素早く的確な判断を下すことができます。

葬儀の様々な形式について知っておく

通常の通夜や告別式といったスタイルの他にも、現在では様々なやり方で葬儀が行われています。費用の面での負担も大きく、また期間が長くなってしまうと困る、などといった故人の事情を反映し、このような流れが社会の中でも一般化しています。規模を縮小しての葬儀としてもっとも顕著なものが、火葬場で故人を荼毘にふす場で読経やお別れを行う、火葬式と呼ばれる方法です。費用や参列者の数などは、このやり方がもっとも少なく抑えられます。また、家族葬と呼ばれる方式もあり、こちらは一般的な告別式の形式をとりながら、全体の規模を少し小さくした形です。お寺や施設で遺体を安置し、読経などのお別れの儀式も執り行われますが、最大の特徴は、参列者が家族のみか、それに準ずるごく親しい人たちのみであるという点です。

家族葬はどのような時に行われるか

市川市をはじめとした全国で家族葬が行われるケースとして、まずは故人の意向をくみ取った場合が挙げられます。ささやかに家族だけに見送られたいという願望を持つ人は少なくなく、遺言としてそのようなメッセージを残して亡くなった場合に、それを叶える形で家族葬という形式が取られる事がほとんどです。また、反対に大企業の幹部など、参列する関係者の数が桁外れに多い場合、近親者がゆっくりと別れの時間を持つために、告別式とは別に行うというケースもあります。こちらは密葬と呼ばれることもあります。様々な形式の葬儀に対応してくれる葬儀社は、市川市にも多数存在しています。どのような状況にどんな葬儀が適しているのかを的確に判断し、プロの意見も取り入れながら話を進めていくと良いでしょう。